ビフィズス菌と乳酸菌の違い
乳酸菌は、人や動物の腸内以外にも自然界に生息する菌に対し、ビフィズス菌は、人や動物の腸内が主な生息場所。乳酸菌に比べ、酢酸を大量産出し酸素があると発育しないらしい。

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌の違いを、まとめると…

生息場所・発育・酢酸の産出量が違う。

 

 

私たち人の腸内では、ビフィズス菌99%に対し乳酸菌は0.1%という菌の数に大きな違いがあります。またビフィズス菌は、加齢と共に減少するとか。もちろん食生活やストレス、運動不足などの生活環境によっても減ってしまうということが明らかになっています。

 

 

よってビフィズス菌を増やすことが善玉菌を優位にさせ、腸内フローラを良くさせることができるので、ビフィズス菌を含む食品やサプリの摂取が健康を取り戻すカギになるようです。